スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

岩盤浴のとりこになったわけ part3

岩盤浴室オーナー若松です。

岩盤浴の発祥は秋田県の玉川温泉といわれています。
玉川温泉は重い病気を患う人の湯治場として昔から有名です。
自分が岩盤浴を営むには一度は足を運ばなければと
平成16年5月、高知からはるばるハーレーに乗って秋田へ。
現在は合併して秋田県仙北市になったこの地は豪雪地域。
12月中旬から4月上旬くらいまで一般の車は全面通行止めになります。

山深いこの地に全国から最後の望みをかけて集まり、
ほとんどの人が長期滞在のためか半年先まで予約がいっぱい。
ここで出会った福岡県の50歳代の男性は「私は乳がんの末期」との事。
「えっ!男性でも乳がん??」と驚きましたが何万人に一人の割で
男性でも乳がんになる方がいるそうです。

原始的な玉川温泉の岩盤浴は、1分間に9,000Lも吹き出す90℃以上の熱湯で
源泉近くの岩盤が温められいるため、その上にムシロやゴザ・ブルーシート
を敷き、その上から毛布などをかけて数百人もの人たちが横たわっている。
それは異様な光景でした。
近くには350人収容できる開放的な屋根だけの施設が完成間近でした。

玉川温泉の周辺の岩石(北投石)はラジウム(放射性物質)が含まれ
この岩石は門外不出で厳しく国が管理しています。
それにしてもうらやましいですよね。
岩盤を温める燃料費がただなんですから
でも使用料は高く設定していて、確か1,600円だったと記憶しています。
短期(観光客等)と湯治目的の客を分け、
湯治目的の場合は1室6~8人部屋を安い価格で提供し、食事は自炊との事でした。

「岩盤浴はとにかく素晴らしいから体験してみてください」と言っても
それだけでは納得できない方もたくさんいらっしゃるでしょう。
多くの人が新しい物事を受け入れるにはカラダだけでなく
アタマでも納得できる理屈や理由が必要です。
「なぜ岩盤浴は身体にいいのか」
「いい汗は体にどんなメリットがあるのか」
「逆に汗をかかないとどうなるのか」
「岩盤浴がなぜダイエットになるのか」
「岩盤浴でなぜ自然治癒力が高まるのか」
などなど、次回に学術的な面からも紹介したいと思います。

スポンサーサイト

2011.12.20 | Comments(0) | Trackback(0) | 岩盤浴について語る!

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。